部屋や玄関の壁は、ちょっと古びていたので自分で塗ろうかと思っていたら、入居が決まると大家さんが職人さんに頼んで塗ってくれました。「どうせ住むならきれいなほうがねー」と言ってくれて。

その職人さんというのは大工さんですが、この家の面倒をずっと長いことみてくれている人だそうです。こういう人がついていてくれればこそ、この古い家も今まで住み継がれてくることができたんだろうと思います。雨樋やお風呂のドアや台所の流しなど、、修理や入れ替えが必要なところをその都度丁寧にやってくれる人、この家のことをよく知っていて愛情をもってあたってくれる人のおかげです。

この間もお隣の家のガラス戸が軋むから、と言って戸の車を直してあげていました。 今度私が襖を(自分で!)張り替えることになったので、その道具も貸してくれることになってます。

去年入居したときにはそれはそれはいろいろお世話になりました。テレビのCSアンテナをつけるのに場所に困っていると、近くの材木屋さんから檜の柱を一本手に入れて、自ら庭に打ち込んでアンテナをつけてくれたのです!懸命に調整して映ったときには感謝感謝でした。 CS

しかもそのあと間もなく台風が来たので、風雨が去ったあと、「アンテナだいじょぶだった?」と見に来てくれたんだ!なにげなく当たり前にやってくれるこれらのことに「心で拝んでおりましたーー」(岡本綺堂「鳥辺山心中」お染のせりふ)でした。

CSアンテナ専門の業者の人も「ここまでやってくれる大家さんは初めてです」と言ってました。その業者の人、若い人で、最初来たときは、家が古いせいか、はたまた立ち会っている大家さんや大工さんがご老人のせいか、けっこう尊大な態度だったんです。ところがアンテナをつける場所の選定や方法であれこれ試したりして話し合ううちに、経験豊富な大工さんにやや押され気味になって、敬服せざるを得なくなり、帰るときには言葉遣いが変わってた、というふうでした。彼があのあと年長者の経験豊かさを認める人になってくれてるといいんですが。

古い家の壁の話をしようとして、話がずれてしまいました。ちょうどいい機会だったもので。

というわけで(?)、この家の壁は、大工さんによって白く塗り替えてもらったのです。何度目なんだろう?

白い壁に掛けている絵などをご紹介します。

ご覧になっていただければ説明などいらないのですが、一言ずつ。 らいん” かべ1

柱時計、、、黒くなった柱や白い障子や壁に合っている!つもり。10年以上前に鎌倉の道具屋さんで買ったもの。アパートのときは釘が打てなくて下に置いてたりしたこともあったのですが、苦節10年ちょっと、やっと相応しい場所に出会ったのでした。 らいん” かべ2

広重の名所江戸百景のうち「猿若町よるの景」。江戸時代の芝居町の様子の想像が広がる絵。 らいん” かべ3

浴衣かなにかの型紙。古道具市で買ったもの。川の流れにもみじや花々が浮かんでいる涼しそうな図柄。 らいん” かべ4

鶴澤燕二郎改め燕三襲名披露の記念品という切り絵の絵はがき。5月に国立小劇場で行われた公演に私もおじゃまし、聴かせてもらいました。その気合いに圧倒されました。ちょっと見えにくいですがこれは「重ノ井子別れ」の図柄です。 らいん” かべ5

庭に咲いたムクゲの花を手持ちの壺に入れて。ムクゲは驚くほど強い植物で、枝を切って土に挿しておくと忘れていてもちゃんと育っていつの間にか花を咲かせていたりしますね。暑い時に爽やかな姿で気持ちを和ませてくれるようです。 らいん” トップ 古い家 茶箪笥 裏庭