玄関内

この家の玄関は、木の引き戸です。
玄関灯

それにしても、その引き戸を開けてはいった玄関の土間のスペースは、小さな家に似合わず、なかなか広大です。

雨のときには自転車もここにしまいます。それから、園芸用の土や肥料やスコップ、鎌、それから火鉢に使う炭なども、おもにここに置いています。あんまり乱雑になるとせっかくの広くて風通しの良い玄関が台無しになるので、自戒しつつ。
自転車 ライン1 玄関内 ライン1 玄関下 ライン1

布の掛かった背の低い台は靴箱。東急ハンズで買った二枚の板で作った棚です。以前住んでいたアパートではテレビ台にしていたものを転用。幸いこの玄関の奧行きにちょうど合いました。背の高い靴箱よりも、上のスペースがあく分、白い壁が隠れずにすむので広々と感じます。

その後ろに釘を何本か打って帚や傘や雨合羽を掛けています。何か素敵な形の鋳鉄製のフックでもあればつけようかなー、と考えていますが、今のところ買うに至っていません。釘は前の住人のときにも打っていたようで、同じ間隔で跡が残っています。前の人はどんなふうに使っていたのでしょうか。またその前の人は、、

この家に出会ったとき、この上がり框の感じもとても気に入りました。上がり框のある家からして今は少ないし、木のつやもとてもいい色になっていたものですから。
玄関下 玄関下 玄関下

以前はここに腰掛けて郵便局や無尽(!)の人が集金の用を足したり、行商のおばさんが荷物を背中から降ろしてお茶くらい飲んで行ったかもしれません。

家の外と中との間にある、この木の台。上がり框。

生活が変わって社会が変わって、集金は銀行振込になり、行商は通販になり、しかも玄関には防犯用の補助錠までつけるようになっては、もう使い途も失われてしまったと言わざるを得ないのでしょう。

それでも、この、家のしつらえとしての形の美しさ、私にはこの形さえ捨ててしまうのはどうしても惜しい。
障子 障子

玄関は味噌蔵になることもあります。

トップ 古い家 木戸 茶箪笥 かべ