冬の古い家

赤い実

古い家は、冬はとびきり寒いと思われがちですが、住んでみた感じでは、恐れる(?)ほどではありません。うちでは暖房はガスファンヒーターを使っていますが、いつもいる部屋は4畳半なので襖と障子を閉めてヒーターをつけると、またたく間にあたたまってしまいます。

まあ、マンション並みに密閉型が好きな人にはだめなんでしょうけど。でもきっとこのホームページを見てくれる方々は、襖や障子にも理解ある皆さんなんではないでしょうか?

そうそう、しかも、あまり寒くないときには手あぶり火鉢で手をあたためて、膝掛けをする、という道も通用しますね。

というわけで、暖房器具を買い足すこともなく二回目の冬を迎えております。

こんな物も愛用しています。(でも今年は暖かくてまだ必要ないくらい。そろそろ使おう。)
ゆたんぽ






日が暮れるのが早くなって、午後になると、こんな斜めの光が射し込んで来て、冬らしさが一層高まります。
斜めの光






斜めの光2






斜めの光ネコ






鳥たちは、この季節、庭の柿の実も食べ終わって、さぞかし餌がなかろうと、勝手口の外に鉢受けを設置し、米を置いています。ここに餌があると気付いてくれたようで、置いたとたんに飛んで来てつついていることもしばしばです。

チュンチュンチュンチュン賑やかで、お互いにつつきあったりパアッと飛んで逃げたり、ひと騒動で食べるのを台所から眺めるのは、なんとも楽しいもの。
勝手口






鳥えさ






あんなにたくさんあちこちにいて、あんなにかわいいのに、死んでるスズメって見たことないという点も、実に深い、、そしてなんといっても背中の模様がとてもかわいい。







台所






台所2






年の暮れに、コーヒーカップを漂白したり、黒豆を煮たりしている台所です。







はたき

それから壁や障子にはたきをかけたり。







掃除用具

掃除用具はこんなふうに置いてます。掃除機は今、持っていません。特に必要でないんです。はたきをかけて、ほこりが落ち着いたら箒で掃き出す、あるいはちりとりでとる、ぞうきんで拭く。という方法で不便がないので。前から、掃除機で吸い取る方法ってあまり好きではなかったということもあり。ほうきのほうが、音も感触も柔らかでいいです。







あまり、古い家の冬についての内容になっていないようですが、、。年忘れ、新年の季節、部屋の中はこんなふうになってます。つまり普段とあまりかわってないんですが。
窓シクラメン






ねこねこ





人事

「人事を尽くして天命を待つ」

あたふた、あくせくとして、なかなか天命を待つ域に至れないんですが、来たるべき年には、もう少し自分というものに自信を持ち、泰然として事に当たれるよう、心しようと思うシダイです。みなさま、良いお年を!







冬の木






トップ 古い家 木戸 茶箪笥 かべ 玄関内