古い家

都心近くで古い木造の家を探していました。しかもお手頃な価格で借りられる家を。そして2年ほど前やっと見つけました。
だいたい築60年ほどと思われます。

できる限り安い家賃で一戸建てだなんて、なかなか見つからないのは考えてもわかります。
でも、とうとう出会った家には陽射しいっぱいの小さな庭もありました。

古い家

古い家は、住む人次第で、ゆかしく落ち着いた住まいにもなれば、古ぼけて荒れた感じにもなります。

住む人が清潔に手入れをして、修理したり工夫を加えたりして暮らしていると、新しい家では決して実現することのできない、使い込まれた物ならではの輝きを発します。

陽射し 陽射し 陽射し2 陽射し

古い家好きの人は、空き家になっている古い家を見た時、たとえその家が少々荒れていても、自分であれこれ工夫して住んだ場合の姿を思い描いてわくわくするのではないでしょうか?

私たちもこの家を、古さゆえに懐かしい匂いのする家、日本人の心の奥にある生活風景を営むことのできる家に育てているさいちゅうです。

じく うらにわ 木戸 たんぽぽ 水仙

気持ちに適った家で毎日を送りたいという期待を持っていろんな不動産屋さんをまわりましたが、なかなか私たちが望むような物件はなく、希望を言った最初から相手にしてもらえないことも多かったものです。

実際東京では古い家が壊されるのを目にすることが多いです。住みたいと願っている人と、古い家の持ち主さんがうまく出会うことができないままに。それが残念です。

晴れた日、曇った日、雨の日、雪の日、風の日、、

古い木造平屋のこの家では、そんな天気の様子を身近に感じます。
台所 台所 台所 台所 台所 台所

毎日の生活の中では、「ああ、生きるのって辛い」と感じることが多々、多々あります。そんなときは縁側から植物たちをボーっと眺めるのも慰めになります。

風の夜に、風に煽られる柿の木の音を聞くのもいいものです。

都会でありながら地面の気配を感じて暮らすこの家が私どもにはなんだか休まります。
台所 台所 台所

同好のみなさん、ご感想などお聞かせください。 mykshma@nifty.comまで お願い致します。

トップ

木戸

茶箪笥

裏庭

かべ