茶箪笥

アパートに住んでいた頃から、茶箪笥を使っています。

茶箪笥1

昭和20〜30年代の映画を見ると茶の間に置いてあって普段使う湯飲みやら茶筒やら、たまに箸立てなんかもおさまっているあれです。

毎日何度となく開けたり閉めたりするごく普通の茶箪笥ですが、作りはけっこう凝っています。右のほうにはお人形かなにかでも飾っておくような扉のついたスペースまであります。映画を見たらなにがはいっているかよく見とこう、と思うのですが、その時になるところっと忘れてしまって、当時みんながなにを入れていたのかよくはわかりません。私は今、とりあえずエナメルでギリシャ神話かなにかの絵を描いたガラスの箱やら花瓶やら、好きで買ったものを収納しちゃってます。

茶箪笥が好きだといってもやっぱり現代人の端くれなので紅茶ポットをでんと置いてます。その麓にあるのは早稲田のぜいたく煎餅。(おいしいですね)店のしつらえが古い家好きの人にアピールするせいもあり、通ると買いたくなります。

茶箪笥2

左のほうには床の間の違い棚のような細工が作られています。背板には私の好きな菊柄が彫りつけてあるのもこの茶箪笥を気に入った理由のひとつです。ここにも持ってたお皿を鎮座させています。お茶を飲むほか、緑色が苺を盛るのによく合うお皿だと思ってます。

最初はガラス戸を開けたり閉めたりするのが面倒かな、とも思ったのですが、だんだんと心境も変化して、ひとつひとつ穏やかにガラス戸や木の戸を開けてお皿を出したりする動作そのものが、木の手触りとともに毎日の営みとして大事に思われて来ました。以前は時間がもったいなーい、という方の人間だったのに。

昔からみんな、そうしたなんでもない動作、跡には何も残らないけどしない人はいない動作ってものを人生のうちに何度くり返してきたことか。そんなことを考える年齢になってきたってことですね。そういう一種寂しいような感情を知るようになると、お芝居や噺がまた今までよりしみじみおもしろく味わえるものです。

トップ 古い家 木戸 裏庭 かべ