秋の古い家

もみじ











上に羽織るものがほしくなる季節がくると、淋しいような気持ちになるいっぽう、何かにじっくり取り組みたくなります。空気がさらっと乾いてくると快適で、精神的充実を求めたくなります。夜長にじっくり本を読む、という風景は夏の間はあまり似つかわしくなかった風景です。

この古い家の周りにも、秋の空気が満ちてきました。
ほうき







朝、ほうきで掃き出そうと窓を開けると、ひんやり爽やかな秋の匂いが満ちてきます。季節の匂いとは、どのように醸成されるものなのか、実にいい匂いです。 菊

5月に挿した小菊のつぼみが数えられるようになり、 ほととぎす

ホトトギスの花が咲き、 藤袴

藤袴が咲き つた







つたが紅葉しはじめ、、、 二匹

春に生まれた子猫たちは、親のクロちゃんとあまり違わないほど大きくなってきました。そろそろブロック塀の穴を通って通行することもできなくなるでしょう。





藤袴影

ちょうどパソコンの横の窓に、こんなふうに藤袴の影が映っていました。巧まずして素朴な影絵が繰り広げられていて、驚きました。





家の中も、白熱灯の赤い光がなぜか暖かく感じられてきます。

そして人恋しいような気分になるのも秋の特徴かもしれません.

こんな気候になってくると、私の場合、久保田万太郎全集を取り出してきて、一層冬籠もりの雰囲気が盛り上がってきます。古い東京に思いを馳せながらその空気を呼吸している気分にひたりたい人にはおすすめの作品揃い。 茶碗




灯り















トップ 古い家 木戸 茶箪笥 かべ 玄関内